凪ニュース

すごい!煮干しラーメン

【麺食研修】平山レポート第一弾ニボ!

平山くん
【麺食研修】平山レポート第一弾ニボ! – すごい!煮干ラーメン 凪

こんにちニボ〜


今日は中国麺食研修について、五反田店の平山くんのレポート第一弾ニボ〜


みなさん!じっくり読んでニボ〜!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中国麺食視察レポート 6/11~14日
報告者 小松、平山
大連~岫岩~瀋陽

『拉麺とトウモロコシ麺のルーツを探る』が今回のテーマ。様々な麺の作り方、原料、味を学びその他に冷麺、餃子も食視察しました。

1日目 12:30
①大連から旅順という町に移動し最初の店「潘家拉麺」
本来、拉麺(ラーメン)とは引っ張って伸ばす製法の事をいい、中国に拉麺という商品はないと言われてきました。

ところが、8年前この中国麺視察のご指導して下さる坂本先生が、 拉麺を商品としているのを発見した店がここ。

加水率高い生地を、何度も台に叩きつけ麺棒で伸ばし手切り。作っているのは女性でした。パクチー、ネギ、醤油たれが入ったスープで頂きます。パクチー入れるのは此方では最近の流行りだそうです。

麺量は200g程あります。
卓上にはどの店も、ラー油、酢、醤油など置いてありこの店には、牛脂を味付けした調味料が置いてあり各自お好みの味にして食べます。

②15:00
旅順は日露戦争の激戦地であり、今なお軍司拠点の街。
最大の激戦地203高地という小高い山に移動し見学、203は標高。戦争前は206mあったそうです。

ここでは両軍合わせ戦死者が一万人を超え、当時日本人20万人が旅順に住んでいたそうです。

③19:00
夕食は大連にあるレストランで海鮮中華。

中国では魚を生で食べませんが、大連では生食文化あるそうで、刺身がでてきました。麺も炒めたもの、茹でたものがあり食感を楽しめましたが、炒飯や麺料理はおかずと一緒に食べるので味は薄いです。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
◎場所の紹介は店舗案内をクリック!!◎
[すごい煮干ラーメンHP]
ラーメン凪HP
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

コメントする

いま人気の記事

カテゴリー

アーカイブ

アクセスランキング